助けになってくれるもの
真剣な眼差し

高校や大学、専門学校などに進学したいが、経済的な事情により学費を支払うのが困難、そんなときに助けとなってくれるのが、教育ローンです。
教育ローンは入学金や授業料など、教育を受ける機会を得るために必要な支払いに充てることを目的とした金融商品です。
教育ローンでよく知られているのが国の機関が実施している教育一般貸付ですが、銀行や信用金庫など、多くの民間金融機関も提供しています。
このローンは使用目的が限定されているため、用途自由のいわゆるフリーローンなどと比べると一般に低金利であるのが特徴です。
国と民間の教育ローン同士を比べた場合は通常は国の方が低金利ですが、国が固定金利であるのに対して民間のほとんどは変動金利であるため、市中金利の動向によっては逆転することもあります。
利用条件は個々の金融機関によって異なりますが、国の場合が学費以外にも受験に要する費用や教材費、アパートの敷金などにも使えるようになっているため、民間もそれに準じるケースが多くみられます。
なお現在、民間金融機関の中にはインターネット経由で相談や申し込みができるようなサービスに取り組んでいるところもあります。

低金利で借りられる

一般的に大学生がいる家庭に於いて、年間の授業料つまり学費を、すべて、貯金や毎月の給料やボーナスだけで、賄えるかというと、余程の高所得家庭でなければ難しいであろう。
そこで、様々な教育ローンを借りるわけであるが、特に、重要視するところは、低金利で借りられることである。
住宅ローンやマイカーローンなどに比べ、教育ローンは、ほとんどが、低金利である。
しかし、教育ローンを借りる家庭は、その他の住宅ローンやマイカーローンなども、借りてさらに、教育ローンを借りる世代が多いであろう。
銀行などでは、住宅ローンなどを借りている家庭が、教育ローンを借りる場合に於いて、教育ローンだけを借りる家庭より低金利にするケースが多い。
学費だけではなく、毎月の光熱費などを含めた生活費が、出てくるため、そのために借りる場合が多いであろう。
大学生の場合、奨学金制度の利用も考えた方が良いであろう。
月々の奨学金の金額は、差があるが、無利子や有利子の奨学金もある。
そして、忘れていけないことは、大学卒業後の返済を踏まえて、最終的な判断をすることが一番大事である。
大学生活だけに限らず、今の時代は、大学生になるまでにも、学費というものは、かかるので、子供が、小さいうちから、学費のための貯金なども考えて、奨学金制度の利用もしながら、その他の教育ローンについて、先にあげた低金利の様々な銀行などの機関で、色々比べながら、検討していくことが重要であろう。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031